テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

Tokyo Book Art Week

コメントする

足利市立美術館学芸員の篠原誠司さんが1994年から毎年都内で開催しているTokyo Book Art Weekが、今年は規模を大幅に拡大。都内12箇所と北海道と大阪を含め全14箇所で、8月中旬から同時開催されます。その一会場として、今回はテンプルのアート学科も参加することになりました。

アート学科の渡辺信也准教授が、篠原さんと親交があり、また過去に個人的にBook Artに出展したことがあるというご縁で、実現したものです。作品は、アメリカ本校も含め、学生、卒業生、講師からも広く公募し、シンガポール・南洋理工大学(Nanyang Technological University)の講師・学生の作品と共に、8/17~27の期間(8/21~24はお休み)にテンプルジャパンで一般公開される予定です。各会場の詳細はこちらから

そもそも「Book Art」って?

アーティストが創った「本」が展示されます。「本」といっても、アーティストが作るので、私たちが常識で考える単なる「本」でないにちがいないことは、なんとなく推測していましたが、やはり出展する「本」に一切制限はないそうです。絵本でも、文字があってもOK。「本は紙でできている」とか、「本は四角い」とか、そういった「本」の常識の枠さえも超え、アーティスト自身のコンセプトのもと「本」をクリエイトして出展してもらう、というイベントのようです。 どんな作品に出会えるか、楽しみです。

10日間の開催なので、是非みなさんも足を運んでみてください。
テンプルでの展示会は、下記のスケジュールは下記のスケジュールで行われる予定です。

8/17(水)12:00-20:00
8/18(木)17:00-20:00 (18:00より リセプション&トークイベントを予定)
8/19(金)17:00-20:00
8/20(土)12:00-20:00
8/25(木)17:00-20:00
8/26(金)17:00-20:00
8/27(土)12:00-20:00

(w.watanabe)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中