テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog


TUJの新たな「顔」 <The “Parliament” Student Lounge>が麻布校舎1階にオープン!

夏休みも終わりに近づき、ここTUJ=テンプル大学ジャパンキャンパスでも、8月18日からはオリエンテーション・ウィークで、いよいよ来週月曜29日から始まる秋学期に向けて続々新入生・編入生が集まってきています。

そんな新入生、そして在学生をこの秋から迎えるTUJの新しい「顔」、学生ラウンジ<The “Parliament” Student Lounge>が麻布校舎1階にオープンしました!

P8240338.JPG

Inside of the Parliament

名前の”Parliament” 。えっ、「国会」?はたまた、タバコの名前・・・!?ではなく、”a parliament of owls”で「フクロウの群れ」という意味もあるのだそうです。はい、テンプル大学のマスコットキャラクターはフクロウ、そこからテンプル大生はOwls(フクロウたち)と呼ばれていることが命名の由来です。

イベントスペースとしての活用も視野にいれ、今回の学生ラウンジのオープンにあたり、デザイン・コンセプトはTUJの非常勤講師でグラフィック・デザイナーとしても活躍するIan Lynamが担当しました。ハイライトとして、「フィラデルフィア本校のイメージと日本的なものを同時に連想させるアイコン」とのお題の元、学内でデジタル壁画コンテストを実施。それぞれ個性豊かな応募作品の中からアート学科のVan Nguyenさんの「Owl(ふくろう)」が選ばれました。Nguyenさんは、2014年暮れのホリデーカード・コンテストでも最優秀賞を受賞しています。

Mural art at the Parliament

このほか、昨年(2015年)暮れから徐々に進められてきたキャンパスのリノベーション。更なるスマートクラス化(教室のIT設備拡充)や、よりプライバシーを重視したアカデミック・アドバイジング・センター(教務課)の間仕切り設置のほか、9月中旬以降にはDRS(仮称・障がい学生支援室)も開設予定で、TUJは世界60か国から集まる学生の皆さんが”東京都心にある米国大学”でよりよいキャンパス・ライフを送れるよう、少しずつ進化しています!

Smart class room

Academic Advising Center

アカデミック・アドバイジング・センター受付(麻布校舎1階)

P2120251.JPG

アカデミック・アドバイジング・センターは個別ブースに(麻布校舎1階)

Cafeteria

カフェテリア(麻布校舎2階)

Mobile phone charger

カフェテリアには携帯充電アウトレットも

Prayer room.

“Prayer Room(イスラム教のお祈り専用スペース)”は麻布校舎3階から4階へ移動に

<MM>


コメントする

2017 Calendar Design Competition organized by ITO Corporation

ito-corporation-logo

It is our pleasure to announce the 2017 Calendar Design Competition organized by ITO Corporation.

ITO Corporation is a Japan-based mechatronics trading company and the competition is being limited solely to students at TUJ.

The total prize award is JPY 100,000 yen.
Submission Deadline: Friday, September 30, 2016

For competition details, please check the announcement sent to your TUmail account on Aug 2, titled ITO Corporation 2017 Calendar Design Competition .

ITO Corporation is looking forward to receive your submissions.


コメントする

東京消防庁からTUJ学部生ジェームズ・ピーターズさんに表彰状

P6230663.JPG

(左から)TUJ学長ブルース・ストロナク、同学部生ジェームズ・ピーターズさん、東京消防庁 松井晶範 救急部長、同庁 岡本透 麻布消防署長

この夏のリオ五輪まであと2か月。さまざまニュースが聞こえてくる今日この頃、東京でも2020年のオリンピック・パラリンピックへ向けて各所で取り組みが進んでいます。

東京消防庁では救急機動部隊を6月17日に発足、JR東京駅で発隊式が行われ、外国人観光客の搬送を想定した救急訓練で、TUJ学部生のジェームズ・ピーターさんが外国人役として登場しました。

去る23日には、東京消防庁から救急部長の松井晶範氏 と、麻布消防署長の岡本透氏がTUJにお越しくださり、過日の発隊式での協力に対し、ジェームズさんへ表彰状が贈られました。

P6230650.JPG

ジェームズさんは2年前から麻布消防署の消防隊員向けに英語を教えるボランティアも務めており、今回の協力要請につながったとのこと。2020年へ向けて外国人観光客のおもてなし、安全・安心確保の場で、国際色豊かなTUJ学生の活躍が広がります。

<MM>


コメントする

Study Abroad Student from Italy in Spring 2015— Cristian Michael Tracci — Founder of “TUJ Political Debate Club”

Cristian Michael Tracci, an international affairs major from John Cabot University in Rome, spent his sophomore spring semester in 2015 at TUJ. After more than a year, he still recalls the days at TUJ as fond memories.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

How did you like studying at TUJ?

Cristian: “I enjoyed it very much. It was the very first time for me to be in Japan, and I learned so much in many aspects. After the four months, I got to understand charms of Japanese culture and really liked my professors at TUJ. I took classes like Japanese literature, Chinese and Japanese history, and macroeconomics. Also, it was really nice that I lived quite nearby TUJ within walking distance, whereas back in Rome I commute by motorcycle for 25 minutes.”

So, you founded the “Political Debate Club” while you studied here.

Cristian: “In January 2015, the Charlie Hebdo attack happened in France, which aroused such a big controversy throughout Europe. I was in Tokyo then, and thought it would be a good idea to discuss from Japanese point of view.

“I asked Professor James Brown, who gave me some advice and reference to a few students. I contacted them and we first met brainstorming how we developed the club from scratch. The club was solely run by students, which started with two and soon grew bigger.

“We decided to address some very basic questions at the beginning: 1) what is debate? – ‘the idea of debate,’ 2) why do we have to debate?, 3) define democracy, 4) how to access hybrid regimes focusing on China – would it make democracy?, 5) democracy in Japan, etc.

“Debate made itself very lively and passionately as the club members were so diverse in cultural backgrounds including Italian (myself), American, Chinese, Brazilian, and some half-Japanese.”

After his study abroad at TUJ in spring 2015, Cristian participated in the Singapore Model United Nations conference last June, registering as a TUJ representative. Cristian shared his experience as follows:

Variety, organization and sharing

“If I had to choose three adjectives to describe my last Model United Nations (MUN) in Singapore at National University of Singapore, they would be: variety, organization and sharing.

“First of all, Singapore showed me another of the many and different faces of the big Asian continent. For someone who had never experienced it, Singapore, with its multicultural society, lets you deeply dive into a mix of cultures, food, faces, languages that has nothing to envy to New York. Likewise, the people attracted by the conference were from a wide range of Asian countries you rarely see together. The fact that everybody was well prepared is not news for a high level conference. What surprised me instead was the passion that animated the debate during the sessions and outside of them.

“Singapore is world famous for being efficient and organized. So was the MUN. The expertise of the organizing committee was evident to the point that it was difficult to find any complaints, which is not always the case when you have to take care of hundreds of students for a week. The well planned NUS Campus is the perfect place for the week long event.

“This almost perfect machine brought together an incredible number of interesting and interested people. Being able to share the western and the Asian points of view in such a lively atmosphere, feeling this unlikely encounter, as well as the serious and analytical confrontations made Singapore Model UN different from most MUNs one can attend. “

<MM>


コメントする

障がいのある学生の対応 ~フィラデルフィア本校から担当ディレクター来訪

5月も半ばを過ぎ、沖縄・奄美地方では梅雨入りしたとのニュースも聞こえてくる季節となりました。ここテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)では、来週月曜日(23日)から始まる学部の夏学期へ向け、新入生オリエンテーションなど準備が着々と進んでいます。

今回の「こぼれ話」では、TUJでの障がいをもつ学生の対応について触れたいと思います。

この4月から日本では障害者差別解消法が施行されて、大学にも各所で配慮が義務付けられ、その体制づくりが課題になっています。

TUJでは、今年の2月に米国のテンプル大学フィラデルフィア本校から、専門部署であるDisability Resources and Services(障がい学生支援担当)ディレクターのアーロン・スペクターが来日しました。初来日、TUJ初訪問の目的は、米国の大学として本校の取り組みをいかにTUJにも適用できるか、現状視察と改善点の助言・提案とのことでした。

米国の高等教育機関では、訴訟問題にまで発展したケースがあり、そういった他大学の先行事例に学び、テンプル大米国本校では積極的にプロジェクトを推進、過去3年以上かけて体制づくりに取り組んだ結果、内外から高い評価を受けているとのこと。

米国フィラデルフィア本校DRS Director アーロン・スペクター (2016.2 TUJ訪問)

米国フィラデルフィア本校DRS Director アーロン・スペクター (2016.2 TUJ訪問)

DRSオフィスが担当する領域は、「建物からテクノロジーまで」大変幅広く、キャンパス内の車いす対応から、授業や試験の際に支援が必要な場合の対応などさまざまな取り組みが含まれます。

TUJへの訪問では、多くの教職員、また障がいをもつ学生からも聞き取りをすることができ、「貴重な意見の数々から、非常に多くの気づきがあった」とのこと。やはり見ると聞くとは大違い、現場の声は何より勝ると…。

建物など構造的、物理的な課題は、早急な解決策はなかなかすぐには見つからなくとも、例えば本校で既に導入している学習支援のソフト導入など、まずは「できることから」取り組むことが大切とのことでした。

TUJには障がいをもつ学生支援担当の職員も常駐しています。今後とも米国本校の知見、経験を活かして更なる連携を重ね、より多くの学生にとってTUJが心地よい学びの場となるよう、私たちスタッフも日々努力を重ねたいと思います。

<MM>

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在1,448人フォロワーがいます。