テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog


コメントする

TUJから学部生2人が受賞 「Diamond Peer Teacher Award」

P4231065.JPG

学部課程4年アンドレア・カッタネオさん(左)と同・肥田ひかりさん

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)では、さまざまな種類の奨学金が用意されていますが、成績優秀者は米国フィラデルフィア本校と同基準で選考の対象となる奨学金にも応募のチャンスがあります。

今回のこぼれ話では、2019年春学期に「Diamond Peer Teacher Award」の奨学金を得て、担当教授のティーチング・アシスタントとして下級生の授業補助を経験したTUJ学生二人から寄せられた感想を紹介します。「Diamond Peer Teacher Award」は、学業成績(GPA3.25以上)や担当教授からの推薦など米国本校が定める選考基準をクリアした学生がトレーニングを経て、一学期間、担当教員メンターのもと、一科目授業を担当してティーチングのスキルを身につけるというものです。

P4231057.JPG

Diamond Peer Teacher Award scholars Andrea Cattaneo (left) and Hikari Hida

TUJから今学期選ばれたのは、経済学、心理学の同時専攻で2019年夏学期卒業予定のアンドレア・カッタネオ(Andrea Cattaneo)さん、もう一人は政治学、アジア研究の同時専攻で2019年春学期卒業予定の肥田ひかりさんです。イタリア出身のアンドレアさんは、今夏インターンシップを終えると学部課程が修了、引き続き日本に残って大学院に進学予定とのこと。東京・世田谷出身のひかりさんは、6月の卒業式を経て米コロンビア大学あるいは英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの修士課程で国際開発、国際社会政策を学ぶか、1年インターンシップで経験を積んでから来秋進学にするか、いま考え中のようです。

ーーーーー

  • How did you find out about and apply for this award?

Andrea Cattaneo:   Everything started as a game and it became a wonderful case of serendipity. Last semester Professor (Mariko) Nagai sent out an email announcing the possibility of being a teacher assistant and it got my attention. I didn’t really know which professor I should have asked to be my mentor. I have been a research assistant for several semesters and worked with Professor Angel. She approached me and asked if I wanted to be her teaching assistant. I did not take Statistics for Psychology with her, but she was confident that my skills were appropriate for the task and that I could help her. So, we wrote the letters for the application and crossed our fingers. After about a month we received an email saying that I had been chosen as a “Diamond Peer Teacher.”

P4171023.JPG

アンドレア・カッタネオさん(経済学、心理学同時専攻2019年夏学期卒業予定)

  • How did your semester go as a “Diamond Peer Teacher”?

Andrea:         The first class was an interesting tornado of emotions and it was the beginning of a new challenge. During class time I would sit in the last row taking notes on the topics discussed in order to tell the students who were absent what was taught during that class. I would help Professor Angel with the mathematical explanations of all the concepts and I would solve all the practice problems on the board. This was my “time to shine” moment where I could explain statistics from a mathematical point of view. Everything became more natural and less scary with time, and my confidence increased also thanks to the tips Professor Angel gave me. Overall, I see this experience as very positive and a great ending of my undergraduate experience before I go to graduate school.

P4181038.JPG

肥田ひかりさん(政治学、アジア研究同時専攻、2019年春学期卒業予定)

  • How would you describe your experience?

Hikari Hida:              I was a peer teacher for Professor Kyle Cleveland’s class “The History and Significance of Race in America.” My biggest learning outcome from this experience was to “learn to learn from those who offend me,” which was much more difficult than I ever imagined it could be. When I initially applied to be a TA on a class regarding race, I was aware of and expected the controversial conversations that may arise—and they have indeed. The best and most challenging part of the class for me was participating in the in-class discussions among students, and taking in everybody’s opinions while trying to stay unbiased but critical as a TA. In addition to all of this, I assisted my instructor with producing materials for the class, giving presentations, facilitating discussions, and holding office hours for students who needed some extra help; often utilizing my Japanese to effectively communicate difficult key concepts to non-native speakers outside of class. I have known Professor Cleveland for a while since I worked with him as a research assistant for several semesters, and cannot thank him enough for giving me the opportunity to teach, learn, and grow alongside him.

<MM>


コメントする

TUJ Student Film Festival 2019 — Films, Food, and Winners (TUJ学生映画祭を開催)

FF.jpg

Photo by Derek Peco, junior Communication Studies major

(English text to follow)

「平成」から「令和」へ向けてカウントダウン、新たな時代の幕開けがすぐそこですね。

日本で4月は入学、新学期を迎える始まりの季節ですが、ここテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)では米国本校の学事暦にならい、今は春学期の最終試験真っ只中です。学科、授業、担当教授によって、試験の形はリポート、プレゼン、作品提出、ペーパーテストなどさまざま。とりわけユニークな授業のひとつ、コミュニケーション学科の「TUJ学生映画祭」というクラスでは「イベント開催」が最終試験となります。この授業では、広く全学学生、教職員、卒業生対象に作品エントリーを募るところから、応募作品の選考、字幕付け、イベントPR、当日の運営まですべてを学生が担うまさに「学生の、学生による、学生のための」映画祭が最終ゴールです。毎年春学期恒例の一大イベントで、履修学生にとっては成績評価対象の総括となる「TUJ学生映画祭2019」が去る4月12日、麻布キャンパスで開かれました。

TUJはこの8月には、昭和女子大学(東京・三軒茶屋)敷地内に建設中の新キャンパスに移転するため、現キャンパスでは最後の映画祭となりました。今回の履修学生は、3月にTUJが学校パートナーズとして開催した国連UNHCR難民映画祭の運営でも大活躍、自分たちの映画祭当日にもその経験が活かされたようです。

以下、コミュニケーション学科3年グレース・ベラミーさんによる開催リポート(英語)に続いて、今回会場に駆けつけてくれた昭和女子大学の学生さんからの感想をご紹介します。

グレースさんは、映画祭の運営だけでなく、作品エントリーで最優秀映画撮影賞も受賞しています。おめでとう!

ーーーーーーー

by Odessa Grace Bellamy, junior Communication Studies major

The TUJ Student Film Festival 2019 featuring nine films from students past and present was held on April 12. TUJ Film Festival class students organized the event with the help of staff, alumni and student government. Filmmaker Mami Taoka was a guest speaker. Refreshments were provided.

FF1.jpg

Guest Judge Mami Taoka. Photo by Odessa Grace Bellamy, junior Communication Studies major

This year’s festival showcased two music videos, two documentaries, and five narrative films. Festival Prize Winners included The Fan Favorite was the comedy Ant Man by Xi Tan, 3rd place winner was the documentary A Walk in the Garden by Arie Den Dulk, 2nd place winner was Breaking Barriers: Hiromi by Shane Shimamoto, and 1st place winner went to Kaylin George for her narrative drama Two Paper Nightingales. Best Cinematography prize went to Odessa Grace Bellamy for the music video Dead Load directed by Dennis Livingston.

Showcasing the new move to this fall, the Film Festival had over 12 students attend from Showa Women’s University whom showed great excitement on the films shown. While each year only becomes better, this year was by the most exciting Film Festival yet and next year will showcase an even bigger event with the TUJ’s new campus.

ーーーーーーー

<昭和女子大学から寄せられた感想(原文のまま掲載)>

今日は、テンプル大学映画祭に参加させて頂き本当にありがとうございます!
今回は初めての参加でしたが、テンプル生の見事な映画作成技術に圧倒されました。全ての作品にとても見応えがあり、留学生の生徒さんも日本の伝統や文化などなど、私自身もすごく勉強になりました。
また、テンプル大学に行きたいという気持ちがますます強くなりました!
本当に素晴らしい機会をありがとうございます。
I had a very good time!
Thank you for inviting to me.
The quality of movies are so good!
I was really impressed by them.
Besides, I think I wanna go to Temple University.
Thank you.
(国際学部 国際学科 1年)
***
切り口もジャンルも違うそれぞれのショートムービーはどれも完成度が高く、また本当に細部まで作り手の方々の細やかなこだわりを感じることのできるものばかりでした。
今回のテンプル大学映画祭に私たち昭和女子学生をご招待頂いたこと、本当に嬉しく思います。
素敵な時間をありがとうございました。
(国際学部 国際学科 1年)
***
様々な国の人と一つの映画を共有することかでき嬉しかったです。どの映画も学生の方が作ったとは思えない程完成度が高かったけれど、特に最期の作品の異文化を退けるのではなく受け入れるというメッセージが心に響きました。
(国際学部 国際学科 1年)
***
テンプル大学映画祭で上映された全ての作品に製作者側の熱意を感じました。
どの作品も非常にクオリティが高く、それぞれの作品にメッセージ性があり非常に感銘を受けました。
(国際学部 国際学科 2年 宮下 真季)
***
放映された映画を観て、映画を作った方の考え・主張が如実に伝わってきました。またそれぞれ個性溢れる作風でステレオタイプに囚われず、のびのびと試行錯誤を繰り返して映画を作っているのが感じ取れて、そこに学生ならではの柔軟性があったように思います。
そして、審査員の方が「映画のもうひとつの役割は世界平和だ」と仰っていたのがとても印象的でした。特に最後に放映された映画がその役割を果たしていたと思います。私もその映画が1番好きです。
次回は字幕を見なくても理解できるように英語をますます励んでいきたいと思います。
(国際学部 国際学科 2年)
***
今回の映画には、薬物依存の恐ろしさを描いた作品や、障害を持った方のドキュメント作品があり、とても考えられる内容だと思いました。物語系の作品も充実していて、とても見応えある映画会でした。
(グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科 2年)
***
9つの作品どれも個性的で面白かったです。特に「25YEARS」が心に残りました。同じ大学生が作った作品とは思えないほど高いクオリティで感動しました!昭和女子大学の隣にテンプル大学が来ることが益々楽しみになりました♪
(人間社会学部 現代教養学科 2年 矢野 日南子)
***
「同年代の人が作った映画を見る機会」というのはなかなか無いのでとても良い経験になりました。どの映画も個性的で心に残りました。
様々な背景を持つ人がいる空間で映画を見たことに加えて、軽食を食べるというのも楽しかったです。
(人間社会学部 現代教養学科 3年)

 

<MM>


コメントする

Speaking Out : Forced Marriages — TUJ to screen “Sonita” (TUJでUNHCR難民映画祭学校パートナー上映会)

(English text to follow)

日に日に春の足音が近づいてくる気配が感じられるようになりました。「わくわく」する気持ちは、前へ進む原動力になりますね。先日フォーブス・ジャパンの記事(『今の仕事に「わくわく」していますか? 日本の女性を動かした10の瞬間』)で紹介されていたうちのお一人、日本人女性初の国連事務次官・中満泉さんは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からそのキャリアをスタート。また、元NHKのフリーアナウンサー有働由美子さんは、”難民は遠い存在”でありニュースを読むたびに心に引っかかるものがあったそうで、NHK退職後に南スーダンを訪れたとのこと。日本を代表する「セルフメイドウーマン」10人のうち、2人から「難民」というキーワードが…。

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)では、去る3月1日に、国連UNHCR難民映画祭学校パートナーズ上映会を開催しました。アフガニスタン出身の若き女性ラッパーが、児童婚に抗う力強い社会メッセージを発信するドキュメンタリーは、TUJの学生、教職員、外部からの来場者の心に深く刺さりました。来場者の中には、今秋TUJが移転することが予定されている連携校・昭和女子大学の学生、教職員の方々の姿もありました。

学生ライター ブリッタニー・マドックスさん(コミュニケーション学科)がリポートします。


by Brittanie Maddox, Communication Studies major

DSC00384.jpg

For the second season in a row, Temple University Japan partnered with the UNHCR Refugee Film Festival and screened the inspirational documentary “Sonita,” the winner of the Sundance Grand Jury Price and Audience Award in 2017. On March 1 students and guests, including students from Showa Women’s University, enjoyed snacks and drinks as they watched this incredible film that highlighted the life of an aspiring Afghani female rapper working against forced-marriage traditions.

DSC00366

The event kicked off with a greeting to the audience by George Miller, Associate Dean of Academic Affairs, who acknowledged the great work of the UNHCR and their positive impact in the lives of refugees. Then TUJ professor Irene Herrera took the stand and reminded everyone that “even though the past couple of years have witnessed a rise in women’s voices being heard, we still have so much more to do.” Herrera spoke about the glass-ceiling and gender disparity that women often face and then praised the director of “Sonita” for spotlighting this young woman’s story.

DSC00375.jpg

DSC00271.jpg

DSC00289.jpg

”TUJ Student Film Festival” class helped out this UNHCR Refugee Film Festival School Partners screening event on March 1

** TUJ Student Film Festival is coming up on Friday, April 12.

ーーーー

<student writer>

Brittanie Maddox is a first semester Communication Studies student at TUJ, and a US veteran hailing from Los Angeles. An avid lover of cartoons, Brittanie is taking her perseverance and skill to Japan for a future in film and media.


コメントする

Dean’s List(成績優秀者リスト)2019年春学期昼食会を開催

P2270971.JPG
暦は3月となり、桜の便りが待ち遠しい今日この頃。テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)では、先月27日に、「Dean’s List(成績優秀者リスト)昼食会」が開かれました。
Dean’s Listは、米国フィラデルフィア本校の各学部が、テンプル大学全体の学部生トップ15%程度にあたる極めて高いGPA(平均評定)を収めた学生を選考し評価するものです。前学期の成績をもとに、今回のDean’s Listには61人のTUJの学生が米国本校に選考されました。このうち2019年春学期昼食会には22人の在学生が参加し、教職員とランチを囲んで交流しました。
P2270968.JPG
ランチに先立ちスピーチにたった学長ブルース・ストロナクは、毎学期リストに挙がってくる学生の数が増えていることに触れながら、参加学生の努力と栄誉をたたえました。
P2270966.JPG
<MM>
TUJ & Wayne.jpg

Wayne Marshall, a 2008 Temple graduate, the Shinshuu Brave Warriors, with TUJ students and alumni 

TUJ & Scootie.jpg

Team TUJ with Andrew “Scootie” Randall, a 2013 Temple graduate, the Ibaraki Robots

(English text to follow)

春の足音が聞こえてきそうな陽気に、心躍る今日この頃 ーーー 去る2月2日に、水戸青柳公園市民体育館で行われたプロバスケBリーグの試合では、なんとテンプル大学本校卒のプロアスリート2人が対戦!!助っ人外国人として活躍する信州ブレイブウォリアーズのウェイン・マーシャル選手(2008年卒)と茨城ロボッツのアンドリュー・”スクーティ”・ランダル(2013年卒)を応援に、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)の学生、卒業生約40人が会場に駆けつけました。当日の模様を学生ライターのジョン・ザラスさんがリポートします。


By John Szalas, student writer and junior International Affairs major

IMG_3517.JPG

TUJ students and alumni went on a school trip recently to a Japanese B-League basketball game to support two Temple Main Campus alumni athletes now playing professionally.  This game was especially interesting as these two alumni were playing on opposing teams – Wayne Marshall, a 2008 graduate, for the Shinshuu Brave Warriors and Andrew “Scootie” Randall, a 2013 graduate, for the Ibaraki Robots.

IMG_3518.JPG

This game felt like a major league game with a small town vibe. The stadium was fairly large, with food trucks out in front with everything from karaage (fried chicken) and okonomiyaki to a kebab stand. It was pretty fantastic, and relatively cheap.

One of the most amazing things about the game, however, was the crowd. It may not have been a fully packed stadium, but the crowd certainly made it feel that way. There was no shortage of team spirit on either side. The crowd constantly had their chants going, and each pause in the match was accompanied by a stadium-wide poster dance type of thing that everyone was somehow always perfectly coordinated on. In Japan, regardless of how interesting the game might be, you can safely bet you’ll have a great time with the crowd!

51786755_2267049826648379_8439970311302021120_n.jpg

Throughout the whole game the Robots official dance team led many fantastic cheers and dance routines. Employing hoverboards and pop music, they had a great variety of routines. But the real props go to the girls of Mito Shogyo High School and Meishu Hitachi High School’s cheerleading teams. They put on absolutely fantastic pregame and halftime shows, the latter featuring a live singer.

52590285_605926303165433_7542973654322118656_n.jpg

IMG_3611.JPG

The game itself was great. Both teams played well and it was fairly close for a lot of the time, but Wayne and the Shinshuu Brave Warriors proved victorious at 67-78. After the game concluded TUJ students got to go out onto the court and meet each of the alumni. It was inspiring to see how far Temple graduates can go in the world. Just like for Wayne and Andrew, the future is filled with limitless possibilities for us “Temple Made” students.

ーーーーー

<Student writer>  John Szalas is studying International Affairs at TUJ in order to gain a better understanding of the international world to make it a better place. He speaks English, Hungarian, and soon to be Japanese. John also makes a mean chicken and dumplings😉