テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

「日ロ関係」専門家 TUJ上級准教授ジェームズ・ブラウンが初の日本語で特別講義

コメントする

JD1

ロシア人でもなく、日本人でもなく、なぜ日ロ関係の専門家に…?

北アイルランド・ベルファストで生まれ、英国、アイルランド二つの国籍を持つテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)国際関係学科 上級准教授ジェームズ・ブラウン。母国でアイルランド紛争を若い頃から見てきた中で、国際関係に興味を持ったのがきっかけとか。公務員だった父親がソ連崩壊後のロシア連邦支援の仕事をしていたことから、ロシアには縁が深かった、といいます。

JD2

日ロ関係の専門家であるブラウンが7月10日、昭和女子大学人間社会学部 現代教養学科主催の特別講義、第12回国際関係論グローバル・セミナーにゲスト講師として招かれ、オンライン登壇しました。セミナーを主催された同大教授の志摩園子先生から要請があり、国際関係以外の専攻で普段英語での授業にあまり馴染みのない学生さんたちも参加できるようにと、ブラウンにとって、今回初めて日本語も交えたレクチャーとなりました。

JD3

JD4

ブラウンは、18世紀初頭にさかのぼる長い歴史を持つ日ロ関係について、20世紀に入ってからの困難な情勢、日露戦争から第二次大戦、冷戦を経て今日まで続く領土問題について、わかりやすく解説しました。領土問題については日本とロシアの公式見解、立場の違いについて触れ、また最近のロシア事情についても、詳しい説明がありました。

JD5

JD6

講義は英語のあと、日本語でも同じ内容の説明をスライドと口頭で行う形式で、普段は英語の講義に慣れていない学生にも参加しやすいものとなりました。

JD7

レクチャーの後、ブラウンは自身の経験も踏まえ「外国語を学ぶ上で一番の敵は、間違いを恐れること」として、参加学生の皆さんに呼びかけて英語での質問を奨励すると、複数から手が上がり、”An excellent question(いい質問ですね)” ”impressive(素晴らしい)”とコメント。闊達なQ&Aセッションとなり、今回の授業交流/特別講義はブラウンにとっても「本当に緊張して、汗が出てきました」と、日本語レクチャーデビューの貴重な機会となりました。

 

<MM>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください