テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

ストロナク学長、第30回「日本国際賞」(Japan Prize) 授賞式へ

コメントする

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブルース・ストロナク学長は23日、国立劇場で開催される「日本国際賞」”Japan Prize”授賞式に出席しました。

2014年の受賞者は末松安晴東京工業大学栄誉教授とデビッド・アリス米ロックフェラー大教授で、授賞式には天皇皇后両陛下もご臨席のうえ盛大に開催されました。

今年で30回目を迎える「日本国際賞」”Japan Prize”は、全世界の科学技術者を対象に”独創的で飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、もって人類の平和と繁栄に著しく貢献したと認められる人”に与えられるもので、「国際社会への恩返し」とする政府構想と松下幸之助氏の寄付により実現した国際賞です。

ストロナク学長がTUJ着任前、医療分野で先進的な横浜市立大学の学長として在任中に、日米そして国際社会の科学技術/イノベーション発展の架け橋としてこの日本国際賞授賞式に招かれて以来、毎年出席を重ねています。国際リベラルアーツ教育を基幹とするTUJでも社会変革、イノベーションを起こす力を高めるべく、学長は日々奔走しています。

 参考

 

(M.Mita)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中