テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

テンプル大学本校発ニュース(8月)~フィラデルフィアも新学期

コメントする

テンプル大学・米国本校から8月に発信されたニュースより、抜粋をご紹介します。
※リンク先はすべて英文サイトです

新しい学生寮、モルガンホール・コンプレックスが完成しました!

キャンパス内にオープンした新しい学生寮は、2つの住居棟(27階建・10階建)と、様々な飲食店テナントが入ったレストラン棟から構成されており、真ん中には3万スクエアフィートのオープンエア・テラスが設けられています。住居棟の定員は1,275名。現在約14,000名の学生がキャンパス内もしくは近隣に居住しており、以前は「通学する大学」だったテンプルのイメージが大きく変わり始めています。ピカピカの新施設は、こちら↓のビデオでどうぞ!

→ さらに詳しくはこちら

実際に入寮する新入生のインタビューはこちら↓

初めての留学生向けのオリエンテーション行われる
sa
今秋も、350人の留学生が新しくテンプル大学にやってきました。慣れない異国の地で大学生活を始めるにあたり、不安もいっぱい。そんな彼らのための特別オリエンテーションが今年初めて行われ、200人余りが参加。出身国のトップ5は、中国、韓国、台湾、インド、ナイジェリアがトップ5です。→ 詳しくはこちら

復員軍人の学生向けの新プログラムがスタート
pres
7月25日、テンプル大学メインキャンパスの学生センターで、米軍に従軍経験のある、または従軍中の学生を対象とした、第一回のウェルカム・プログラムが開催されました。セオボルド総長も出席したこのイベントはテンプルの復員軍人向けアウトリーチ活動の一部で、早期に大学に慣れてもらえるよう、各種特典への応募や職員への質問ができるように設けられたものです。→詳しくはこちら

「落ちこぼれ」をなくそう~子どもたちの支援にテンプルの卒業生が活躍

全米では多くの小中学生が学校からドロップアウトしており、その数は毎年100万人とも言われます。City Yearという非営利団体はこの状況を改善すべく、大学卒業生等を問題のある地域の学校に1年間派遣して、チューターやメンターとして生徒の支援をするプログラムを展開しています。テンプル大学からは昨年度、26人の卒業生が参加、今年度もすでに7人の派遣が決まっており、City Yearの参加者の出身大学としてはトップ5に入る規模となっています。→ 詳しくはこちら

テンプル大学、コムキャスト-NBCユニバーサルとともに、米・産学官共同研究協議会に参画

テンプル大学はコムキャスト-NBCユニバーサル社とパートナーシップを組み、このたび全米アカデミー(National Academies)の産学官共同研究協議会(Government- University-Industry Research Roundtable: GUIRR)の新メンバーに選ばれました。GUIRRは各界の専門家が年に3回集まり、米国にとって重要な科学技術上の研究課題を話し合う場として誕生したもので、ほかに、ジョージア工科大/ボーイング社、スタンフォード大/IBM・TJワトソン研究所、マサチューセッツ工科大/ノースラップグラマン社などの産学パートナーシップメンバーが参加しています。→ 詳しくはこちら

テンプル大生らが制作した学生ニュース番組、スパイク・リー監督にお披露目

lee8月初旬にフィラデルフィアで開催された「ブラックスター映画祭」。ブラックカルチャーなどをテーマにした作品75本が上映されましたが、そのひとつが、テンプル大生らが地元の中高生とともに参加するPOPPYN (Presenting Our Perspective on Philly Youth News)というグループ制作のニュース番組でした。映画祭にはあのスパイク・リー監督など著名な黒人監督・映画関係者も参加し、学生たちとパネルディスカッションを行いました。→ 詳しくはこちら

いよいよアメフトシーズン開幕!

owl開幕第一戦、テンプル対ノートルダムは、8月31日(土)、インディアナ州サウスベンドのノートルダム大学で行われ、NBCでも全国放映されました。当日は、学生や教職員がキャンパス内のパフォーミングアーツ・センターに集まって観戦パーティ。このほか米国各地でも卒業生による観戦パーティが催されました。

そしてNBCの試合放映中にオンエアされた新しいテンプルのCMはこちら!

さて試合結果のほうは・・・こちらをクリック

表彰関係

テンプル大学の特別コレクション研究センター長、マージェリー・スライさんは、米国文書保存者協会の年次総会で、同協会のフェローに任命されました。→詳しくはこちら

数学のベンジャミン・シーボルド准教授と、修士課程在学中のシマノ・ファンさんが、米国交通輸送調査委員会の交通流理論委員会より、2013年度グリーンシールド賞を受賞しました。 →詳しくはこちら

観光学教授でテンプルの全国観光Eコマース研究所長のダニエル・フィーゼンマイヤー教授が、国際観光旅行研究協会より特別功労賞を受賞しました。 →詳しくはこちら 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中