テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

新学期、はじまります!

コメントする

日本の夏休みシーズンが終わるころ、テンプル大学の新しいアカデミックイヤーが始まります。米国はいわゆる「秋入学」が主流なので、8月中~下旬は新入生を迎えるオリエンテーションが真っ盛り。テンプルジャパンでも先週~今週がオリエンテーションやプレースメント(クラス分け)テスト、履修登録の期間となっています。

28日にテンプルジャパンで行われた短期留学生(原則1学期のみ)向けのオリエン風景

28日にテンプルジャパンで行われた短期(原則1学期)留学生向けのオリエン風景。ほぼ全員が米国人です。

2011年の東日本大震災のあと、テンプルジャパンでは外国人学生の数が一時的に減少していましたが、今秋の学部の新入生数は震災前と同じ水準の160人を数えました。学部生総数も回復傾向で、キャンパスがさらに賑やかになってきています。引き続き外国人学生は6割(うち米国が4割超)と高い割合を占めており、キャンパス内ではむしろ日本人のほうが「国内留学」状態です!

さて、8月はフィラデルフィアにあるテンプル大学本校でも新入生を迎える季節。今年初めての試みとして、外国人留学生向けの特別オリエンが実施されました。今秋、米国本校で新しく学生生活を始める留学生は、新入生全体の約8%にあたる350人。ジャパンキャンパスの外国人6割に比べればまだ少数派に見えますが、それでも昨年比で4割近い上昇とのこと。国籍でいちばん多いのは中国、続いて韓国、台湾、インド、ナイジェリアだそうです。

米国本校の留学生たち

米国本校の留学生向けオリエンで。おいしそうですね。

米国はそもそも人種の坩堝なので、民族的には既にかなり多様なはずですが、留学生の増加でこれからますますキャンパスの国際化が進みそうです。

フィラデルフィアで、東京で、新しい学生生活を始めたみなさん。卒業するのは大変ですが、大いに学び大いに楽しんで、悔いのない日々を送ってくださいね。(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中