テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

「グローバル人材育てるには」

コメントする

拙稿というのも憚られるくらいの短い文章ですが、きょうの朝日新聞「声」欄に、掲題の見出しで載りました。

会員登録しないと全文は読めませんが、こちらに掲載されています。
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201307070352.html

字数制限内で書いたつもりだったのですが、やはり少々長すぎたようで、1割くらい短く編集されました。いちおう、原文はこちら↓です。

——————————————————
政府の成長戦略の中に「日本人留学生の倍増」が盛り込まれた。留学促進のため大学が学事暦を見直す動きも話題になっている。しかし「留学」に一体何を求めているのだろうか。単に外国へ行って見聞を広めてくるという程度であれば、数ヶ月の短期交換留学でもそれなりの意義はあろう。しかし「海外で活躍できるグローバル人材の育成」という目的を掲げるなら話は違う。たった1年程度の留学では、実際は語学の習得すらままならないのが現実だ。ましてや、夏休みの1~2ヶ月に海外のサマープログラムに参加したくらいで、そもそも留学と言えるのか。それでグローバル人材育成というのはあまりに短絡だ。
それよりも、きちんと資料を読み、自分で調べ、考え、クラスではそれをもとに討論する、そういう頭を使う授業を、まず母国語でしっかりやるほうが、よほど重要ではないか。その訓練があってこそ初めて語学力というツールが生きる。さらに言えば、そうした訓練は大学になってからでは遅い。もっと早い段階で始めるべきだ。そして、自分の意見を持ちはっきりと主張する人を、「出る杭」として叩かない文化が必要である。
つまり、本気でグローバル人材を育成したいなら、日本の文化を変えていく覚悟があるかどうか、という点に行き着くと思う。
——————————————————

全国ネットで年齢がバレることも、脅迫電話がかかってくるかもしれない(!?)リスクも承知で、敢えてこんなところに投稿したのは、最近の「なんか違うぞ」感があまりに大きくなってきたからです。
多くのみなさんとシェアして意見を交換できればと思いました。コメントあればぜひお願いいたします。
(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中