テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

武蔵大からwelcome to Temple!

コメントする

今月16日、夏学期の新入生向けオリエンテーションについて書きましたが、先週金曜日には、また別の「新入生オリエンテーション」がありました。参加者は・・・1名。武蔵大学から単位互換プログラムでテンプルにいらした学生さんです!

テンプルジャパンと武蔵大は、2009年に締結した基本協定に基づいて、昨年から単位互換プログラムを開始しました。先の秋学期(武蔵大の後期)に、第一号としてテンプルの3名が武蔵大へ通学し、科目等履修生*としてスポーツ実習クラスを受講。続いて春(武蔵大の前期)からは、さらに2名のテンプル大生がお世話になっています。

実はその逆はこれまでゼロだったのですが、今週開始の夏学期に初めて、3名の武蔵大生を科目等履修生としてテンプルのキャンパスに迎えることになったものです。

この記念すべき「第1期生」向けオリエンテーションは、スケジュールの関係で3人別々に行われることに。本当は全員にお話が伺えればよかったのですが、少々難しかったので、金曜のオリエンに同席させてもらった石橋裕海(いしばしひろうみ)さんを、「代表」としてご紹介いたします。

石橋裕海さん(右)と、オリエン担当・霜鳥広樹アカデミック・アドバイザー

石橋裕海さん(右)と、オリエン担当・霜鳥広樹アカデミック・アドバイザー

石橋さんは社会学部の4年生。ゼミでは開発と援助について勉強中だそうです。テンプルではPolitical Science(政治学)とAnthropology(文化人類学)を履修予定とのこと。

「以前から外国に興味があって、英語を勉強してきました。イギリスのケント大学に約1年間交換留学したこともあります。武蔵でも英語で教えている授業があるので受講していますが、今回テンプルに来たのは、いまとは違う環境で、いろいろな国の学生と一緒に、英語を使って勉強してみたいと思ったからです」

そう、テンプルで学べばクラスメートがいっぺんに多国籍化するのは間違いなし。

10週間ほどの夏学期ですが、その短い「国内留学」の間にたくさんの新しい友人を作って、ぜひ有意義な時間を過ごしてほしいと思います。

ところで、武蔵大生とテンプル大生は、スポーツや文化活動でも交流がありますが、いままでそういう機会を利用したことは?

「いえ、そういう活動に参加した先輩の話は聞いていたけれど、自分でキャンパスに来たのは今日が初めてなんです。普通のビルなので、ほんとにここでいいのか、ちょっと戸惑いました(笑)」

緑豊かな武蔵大のキャンパスとはちょっと趣が異なりますが、それもまた環境の違いとして楽しんでいただければと思います・・・(m__m) 

これからたくさん交流アクティビティに参加してくださいね!
(中川)

*科目等履修生=原籍大学でも学びながら受入れ大学の科目を履修します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中