テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

パソコン届いた!使ってくれてありがとう

コメントする

昨年6月、テンプルジャパンは設備入れ替えに伴い必要のなくなったパソコン23台およびモニター29台を、2つの社会貢献団体に寄贈しました。

そのひとつNPO法人Class for Everyone さんからこのたび、寄贈した機器が無事、支援先のフィリピンに届いたというお知らせをいただきました。 

同団体は「途上国に平等な機会を創出する」ことを使命として、企業や家庭で使われなくなったパソコンおよび周辺機器を集めて途上国に送る活動をしておられます。また、それを通じて先進国の廃棄コスト削減とエコを促進することも理念とされています。

テンプルからは昨年6月に8台、8月には追加で8台のラップトップを寄贈しましたが、これらはすべて同団体が国外活動の拠点とするフィリピンに送られました。現地スラム街における自営業支援とその子どもたちのICT(情報通信)教育に利用されるほか、10台はミンダナオの高校に届けられ、同校のICT教育推進に活用していただけるそうです。

使わなくなり寄付させていただいたものがこういう形でリユースされ、役に立つのはうれしいですね。テンプルに限らず、大学でも企業でもパソコンは必需品ですが、定期的に機器の入れ替えが必要です。どの機関も廃棄を減らすための取り組みをされていると思いますが、Class for EveryoneさんのようなNPOに活用いただくのもひとつの方法でしょう。

テンプルジャパンでは毎年50~100台の入れ替えを行っています。これからも入れ替えに伴う廃棄を減らし、適切な団体への寄贈を通じて社会貢献に役立てていきたい考えです。(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中