テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

テンプル大学総長職の行方は?

コメントする

第9代にしてテンプル初の女性総長として、2006年からこのマンモス大学を率いてきたアン・ウィーバー・ハート総長。任期満了に伴い、この6月末をもって総長職を辞することは、すでに昨年9月に発表されていました。

企業の場合、次の社長が決まる前に現社長の退任だけが発表されることは、まず考えられないでしょう。しかし米国の大学では、総長に限らず、学術部門トップであるプロボスト(Provost)や各学部長(Dean)の職も、退任が決まった時点で先に発表が行われるのが通常のようです。

テンプルでも、9月の退任発表の直後から後任探しがスタート。サーチのプロセスが非公開だったこともあり、学内外では当初からいろいろな憶測が飛び交いました。しかし、退任まで2ヶ月を切っても発表がないことから、もしやしばらく総長不在の可能性も?とみなが感じ始めたところ・・・

現地時間の23日、現プロボストのリチャード・イングラート氏が、7月1日付けで総長代行(Acting President)に就任することが発表されました。

たとえActingであっても、一時的にでもリーダー不在になる事態は避けられたのは喜ばしいことです。ことにイングラート氏は、大学経営の専門家として1976年からテンプルに勤める大ベテラン。教育学部長や総長室事務長をはじめとするさまざまな要職を歴任し、大学のことは知り尽くしています。

ではこのまま、代理などといわずに第10代総長に就任すれば・・・と思わないでもありませんが、フィラデルフィア地元紙の報道によると、ご本人にそのつもりはないようです。

39,000人の学生を抱え、17の学部・研究科と大学病院を運営し、22億ドルの予算を差配するテンプル大学総長職。拙速な判断をせずに、もう少し時間をかけてこの重責を引き受ける人物を絞り込んでいく、ということなのでしょう。それも、発表によれば「今後数ヶ月のうちには」決まる見込みとのことです。

なお、6月3日のテンプルジャパンの卒業式は、テンプル総長としてハート氏最後の来日となります。在職6年間を振り返ってどんな話をしてくれるのか楽しみです。

(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中