テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

インターンの星-File 24 【ピープル・ツリー】

1件のコメント

第24回目は、フェアトレードを行っている企業でインターンをしている斉藤さんのインタビューです。どうぞ!

■ プロフィール
斉藤光紗さん(Misa Saito)。国際関係学専攻の4年生(Senior)。2年前にレイクランド大学からTUJに編入。2011年夏学期に、アメリカ大使館商務部でもインターンを行っており、今回が2回目のインターン。

◆ インターン先: ピープル・ツリー

◆ 期間: 2011年9~2012年3月予定 (週2回、18時間/週)

——————————————

■ インターン先を選んだ理由は?
社会事業に興味があって、実は以前からピープル・ツリーのウェブサイトをチェックしていたんです。インターンを募集しているという情報をそこで見つけて応募しました。

■どんな仕事・経験をしていますか?
PR部門に配属されて、雑誌の掲載管理やトレンド調査、マーケティングなどアシスタント業務を行っています。英語力を生かして海外の資料や文献なども幅広く活用。まだインターンを始めて2ヶ月ほどなので、これから、もっといろんな仕事に携われるのを楽しみにしているところです。
School of Fair Tradeという学生にフェアトレードを広めるプロジェクトでは、小学校での講義イベントなど、よりバリエーションのある仕事が展開されています。こちらにも積極的に関わっていけたらと思っています。

■印象に残っていることは?
雑誌で特集として取り上げられたり、イベントでお会いした皆さんがピープル・ツリーに興味を持ってくださっていたのが、とても嬉しかったです。

■最後に
社会事業に関する書籍はたくさん発行されているので、それらを読んで概要を知ることはできますが、私は実際に働いて知りたいと思いました。ピープル・ツリーのミッションは、商品を売って利益を上げることだけではなく、販売を通してフェアトレードの認知を上げていくこと。つまり、社会貢献とビジネスの両面を持つ事業を行っています。現場で働くことで、その難しさや、わかったことも多く、いろいろと考えさせられることがあります。
私がすばらしいと感じたのは、皆さんの意識です。それぞれの部署がどういう業務を行っているのかお互いに理解し、直接話し合いができる場があり、常に改善しようとする姿勢。また、生産者の方と一緒になって、変化を起こそうとしている真剣さ。
将来は、どんな形でも社会事業に関わっていきたいと思っています。他の仕事を選んだとしても、フェアトレードで売られている服を買うだけで活動に協力していることになりますから。

—————————————–

(Kunimatsu)

インターンの星-File 24 【ピープル・ツリー】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: インターンシップ 十数年前、そして現在 | Remember 1982?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中