テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

秋学期の「チェケラ」

コメントする

学部課程のクラスの一部をビデオ紹介するウェブページ、通称「チェケラ」。
(4月26日のKunimatsuさんのブログでも紹介されています)
基本的には私たち広報部員が授業風景を撮影し、毎学期5つほど新しいビデオを追加しています。テンプルの学部課程で今学期提供するコースは142あるのですが、今学期はその多種多様のコースの中からこれまでに3つをアップしました。

一つめは、アマンプリート・ダッタ先生による「インドの芸術」の授業です。

授業のひとこま【Art Hist/As St 2818】インドの芸術
インドの歴史的・芸術的創造物をスライドで紹介しながら、当時の政治背景にも言及しつつそれぞれの作品の特徴が紹介されています。
公開された短いビデオには残念ながら入っていませんが、ヘラクレスがブッダの脇役として登場しているレリーフなどがあったり、インドの仏像はギリシャの影響を色濃く受けたものも多くあるということを初めて知り、大変驚いてしまいました。

二つめは、チャンドラン・レミ先生による「国際都市」の授業。

授業のひとこま【Geography and Urban Studies 0831】国際都市
ビデオが撮影された日の授業では、国際都市の一つとしてインド国内最大のムンバイが取り上げられています。言語、民族、建造物あらゆるものにおいて多様性に富んだ国インドを代表するムンバイは、「カオス」とも表現されていました。
人口ピラミッドが美しい富士山型をえがき、GDPは日本に次ぎ世界第4位、今後更なる成長が期待される国、インド。
目が離せない国なのだとあらためて感じました。

そして最後三つめの授業は、山口麻子先生による「日本語中級I」です。

授業のひとこま【Japanese 2701】日本語中級 I
普段の会話で頻繁に使われる「ほしい/ほしくない」の表現を主に取り上げて学習しています。外国人の学生が日本語を学んでいるところを見ると、日本語という言語は状況や立場によって表現が変動し、第2言語としての習得は大変だろうなと感じてしまうのですが、日本語で話す先生を理解し、文法を理解して使いこなしている様をみると感心してしまいます。

今学期は、あと2つの授業の紹介を予定しています。お楽しみに。

コース紹介ビデオクリップ「チェケラ」はコチラから>> http://www.tuj.ac.jp/videoclipj.html

(W. Watanabe)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中