テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

John Coltrane: At Temple University 1966

コメントする

1966年11月11日にジャズの巨匠、ジョン・コルトレーンがテンプル大学本校で行ったライブ音源が、今月、初めて公式リリースされるらしい(※1)。このライブは彼が癌で亡くなる8ヶ月前、そして、彼の人生最後のツアーである日本公演から4ヶ月後に行われたものだそうで、録音があまりない彼の最晩年の貴重な演奏だそうです。

それほどジャズに詳しいわけではないんですが、ジャズを聞くときはコルトレーンを選ぶことが多く、生意気にも「やっぱりコルトレーンでしょ。。。」なんて思っています。
そのコルトレーンが、44年前、テンプル大学のどこかのホール(※2)で演奏していた。。。
当時、観客だった教授や学生はどんなかっこをして、どんな思いで彼の演奏を聞いたのだろう?
当時運営に関わった方々は、彼とどんな会話を交わしたんだろう?
そして、当時39才だった彼は、どんな思いでテンプル本校のキャンパスを歩いたのだろう?
そんな想像をすると、ワクワクすると同時に、なぜか不思議なつながりを感じます。

まだ本校に行ったことがないので、当時の様子をうかがいにフィラデルフィアに探検の旅に出てみるのも一興かもしれません。

余談になりますが、テンプルジャパンには「History of Jazz」というコースもあります。

コルトレーンの話をしつつ、昨今はマイケル・ジャクソンを聴いているウェブマスターのほうの渡辺でした。

※1. 非公式の音源はだいぶ前からすでに出回っていたようです
※2. ミトゥン・ホール・ミュージアムというところで演奏が行われた(?)
    → 1956年のMitten Hallの写真
    → Mitten Hallの歴史

参考:
Read NKYM! Periodicals > 原田和典
diskunion新宿ジャズ館ブログ
Amazon.co.jp: Temple University 1966 John Coltrane

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中