テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

「情報」「人」がより多くつながる時代

コメントする

先日、宣伝会議が主催するネットマーケティングに関するセミナーに出席してきました。出るわ出るわ新しいサービス。ついていくほうも大変です。ちょうどiPadの発売時期が重なったせいなのか、そういうトレンドなのか、モバイル広告とダイレクトマーケティングが主な議題となっていました。

以前の投稿でも紹介しましたが、僕がGoogle ReaderでチェックしているIT系情報サイトでも、最近は連日のように「モバイル」、「iPad/iPhone4」、「ダイレクトマーケティング」といったキーワードが出てきます。

そんな僕のリーダーですが、もうひとつ頻繁に(しかもここ1年以上)出現するキーワードがあります、それが「Twitter」です。テンプルのTwitterアカウントでイベント情報やウェブサイトの更新情報などは発信しているものの、天邪鬼気質な僕は漠然とした抵抗から、プライベートでは使用していませんでした。

でも、ここまで騒がれると、、、ちょっと使ってみることに。
ずっと無視し続けていたのにころっとヘビーユーザーになるのは恥ずかしいので、
まずは友人と情報収集に役立ちそうなソースを少しだけフォロー。
…楽しいかも。

http://www.thesocialnetwork-movie.com/
(日本での公開は未定だそうです)

僕はSNSのサービスを使っているとたまに驚く時があるのですが、それは台湾、中国、韓国の友人が英語で日記を書いたり、コメントしたり、情報を発信しているのを見る時です。英語が国際共通語になってきているのは事実。そして彼らは英語で複数の国の人に向けて情報を発信したり、コミュニケーションを取っている。これぞまさに「ソーシャル・ネットワーク!」と驚かされる。

アメリカでは今年、The Social NetworkというFacebookの創設者を題材にした映画が公開予定で、オフィシャルサイトには「You Don’t Get to 500 Million Friends without Making a Few Enemies」(多少の敵を作らずして、5億人の友人は得られない)というコピーがあります。

果たして僕のSNS経由のメッセージ(完全に日本語)は最大何人に届く可能性があるのだろうか。

国際人とは「自国の文化を理解し世界に発信できる人」とよく聞きますが、その通りだと思います。
より多くの人に伝えたいメッセージがある時は、英語で発信してみようかと思う今日のごろです。

(浦元)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中