テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

卒業式を終えて

コメントする

先週日曜日は、テンプルジャパンの卒業式でした。

卒業生にとっては一生に一度の晴れ舞台。

送り出す教職員のほうも、毎年やることは同じとはいえ、大学という特別な場所で働いていることの有難さを、改めて認識する一日です。

オフィシャルリリースはこちら でご覧いただくとして、ここでは雑感を。

アン・ハート総長

式の前半は祝辞、講演、挨拶が続きますが、なんとなく今年のスピーチは「女性上位」の印象でした。そもそもテンプル大学のトップであるハート総長は女性ですが、今回基調講演をお願いしたテンプルジャパン理事会会長の金子みどり氏(GEヘルスケア・アジアパシフィック、コミュニケーション本部長)も女性、卒業生代表のスピーチも、4人中3人が女性。もしやと思って過去の式次第をさかのぼって見ると、学士代表のスピーカーはここ5年連続で女性でした。学生の男女比はほぼ半々なのですけども。。。

さて、今年も卒業生とそのご家族・友人あわせて500名近い方々が来場され、かなりの賑わいとなりました。フロアはほぼ満席、スタッフはみな立ち見でした。

昨年から卒業生数がいっきに5割増しになり、教員・スタッフ含めた参加者総数が600人超へと増大したため、それまでより大きな会場を持つ品川プリンスさんにお願いするようになって、今年で2回目です。

近年の入学者数のトレンドから言うと、ここしばらく卒業生の数は増えこそすれ、減ることはありません。このままいくと、さらに大きな会場に引越しするか、日本の大学のように学部ごとに分けて式を行うか??まさにうれしい悲鳴です。

米国本校のキャンパス内には、1万人収容のリアコラスセンターという大ホールがありますが、その10分の1くらいでいいので、テンプルジャパンも専用ホールが持てる日が来るのを祈りつつ、学生のcommencement(出発)を祝いました。

(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中