テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

みなと区民まつりで思ったこと

コメントする

快晴に恵まれた3連休の土日、テンプルのある港区では「みなと区民まつり」が開催されました。大きなお祭りで、毎年25万人も人出があるそうです。

3年ほど前に港区と連携協力の協定を結んだテンプルジャパンは、今年も学生を中心に延べ100人を動員。ステージでパフォーマンスを披露したりブースを出展したりしたほか、抽選会場やシャトルバス添乗などのボランティアとして活躍しました。テンプルロゴの入った赤いTシャツ軍団は、結構目立っていたと思われます。

土曜日は学長も応援にかけつけました

土曜日は学長も応援にかけつけました

学生パフォーマーのみなさん

ステージでは学生がジャズダンスとベリーダンスと歌を披露

学長、ぎっくり腰になってませんか?

ジャズダンサーに囲まれたのはいいですが、学長、ぎっくり腰になってませんか?

 

私も2日間、学生といっしょにお手伝いしたのですが、広い会場を歩き回るだけで結構くたびれるものですね。腰に来ました。。。でもPCの前に座りっぱなしより、よほど健康的な疲労のはず!なにより学生たちを含めて、いろんな人と言葉を交わすことができたのが収穫でした。私自身は「半分仕事」と思って参加したのが本音ですが、月並みな言い方ですけど、学生たちの活躍する姿を見ることができて、やってよかったと思っています。

 

サラリーマンといういわば「時間を売る」仕事をしていると、どうしても自分の労働時間に対して(金銭に限らず)どれだけリターンがあるかという発想をしてしまいませんか?

世の中そんな目に見える対価のあるものばかりではないけど、やればなにかしら得るものはある。というか得るものがあるかどうかは自分次第。そういう当たり前のことを認識した週末でした。

(中川)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中