テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

江戸の仇はどこいった?

1件のコメント

8月12日の投稿の続報です。

テンプル大学に対する1億7,500万ドルの補助金の予算案は、現地時間19日の朝、フィラデルフィア州下院議会のセカンドリーディング(第二読会)で満場一致で可決されたそうです。嘆願署名も1万人の目標に対して9,000近くまで来ていて、こうした草の根活動が奏功したと、メインキャンパスのニュースは伝えています。

ただし今回セカンドですから、これからサードがあるわけで、まだ最終決定ではありません。税収が落ち込むなか、フィラデルフィア州の今年度予算全体がまだ可決成立してないということです。なんとかうまく決着してほしいものですが。

さて、太平洋をはさんでこちら側では、新政権がまもなく誕生しようとしています。

民主党マニフェストの教育政策には、「大学などの学生に、希望者全員が受けられる奨学金制度を創設する」という項目がありますが、「大学など」の「など」に注目したいですね。外国大学日本校に通う学生も、ぜひそのような奨学金の対象にしてほしいと思います。

ちなみにこのマニフェスト、国際化という言葉はどこにも出てきません。「国際化」という概念自体がもう古いと言われればその通りかもしれませんが、たとえば「留学生30万人計画」などは、これからどうなるのでしょうね。。。

(中川)

江戸の仇はどこいった?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: おめでとうございます・・・ほんとにめでたい年にしましょう « テンプルこぼれ話

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中