テンプルこぼれ話

テンプル大学ジャパンキャンパス 広報部blog

トーキョー・ストーリーズ

…と聞いて小津安二郎監督の「東京物語」を思い浮かべた方は、きっと映画通ですね。Tokyo Storyという訳本が出ています。

今回ご紹介する「Tokyo Stories」は、テンプルジャパンのコミュニケーション学科の学生たちのショートフィルム作品集です。コミュニケーション学科には、将来は映像作家や映画監督になりたいと考えている学生も多く、独自の視点で「トーキョー」を切り取って15分程度の映像にまとめるこのプロジェクトは、とてもいい実習になっているようです。

トーキョーが面白い、というのは外国人留学生だけかと思うと、そうでもありません。日本人学生の作品も「なるほど」と思わされます。トーキョーのどんなところが若い彼らの心に響くのか、見てみるのも興味深いですよ。(40代の筆者は多少世代のギャップも感じますが)

毎学期末に展示発表を行っていて、秋学期は11月末に原宿のデザインフェスタギャラリーで行われました。すみません、このブログが事前告知に間に合いませんでしたので、興味を持っていただいた方は、「Tokyo Storiesブログ」をご覧ください。少しご紹介しますと・・・

 

■ 東京の片隅でセネガルレストランを営むオーナーを追ったドキュメンタリー

Bene from Tokyo Stories on Vimeo.

■ あるアマチュアバンドの活動を、ライブとインタビューで綴った作品

Keith from Tokyo Stories on Vimeo.

■ なぜ日本人はキリスト教徒でもないのに教会でウェディングをするのか?

Christian Weddings in Japan from Tokyo Stories on Vimeo.

ちなみに、テンプルジャパンのコミュニケーション学科の学生は、夕張国際学生映画祭2008でグランプリを受賞してます。ジョン・リパーテイト監督による“MRA – The Monster Removal Agency”。こちらもぜひご覧ください。(MN)

コメントは受け付けていません。